経理丸投げ(記帳代行)サービス

経理丸投げってどんなサービス?

当事務所は、個人事業主様や中小企業様に、もっと本業に力を注いで頂く環境をご提供したいと考えています。その障壁となるのが、紙の領収証や伝票の煩雑な処理です。経理丸投げサービスは、証憑書類(レシート・請求書・領収書・通帳など)を当事務所にそのまま郵送(丸投げ)して頂くだけで、仕訳データの作成から会計データ作成までをワンストップで代行するサービスです。

freee、MFクラウド等のクラウド会計システムを利用されているお客様限定のサービスです。当事務所では事業所に出向いての記帳代行や、クラウド会計システム以外での会計帳簿の記帳代行は行っておりませんので、ご了承下さい。クラウド会計システムの導入にご興味のあるお客様は、「個別コンサルティング」のページをご覧下さい。

サービスの流れ

step
1
証憑書類を当事務所に郵送

半月毎や毎月など、定期的に証憑書類を郵送して頂きます(着払いでOK!)。

※ カード払い・現金払い・銀行引き落としなど、決済方法毎に書類を分類して頂く必要があります。

step
2
当事務所で証憑から会計データを作成

お客様に行って頂く作業はありません。

※ 文字が不鮮明な証憑、内容の分からない領収証は処理できない場合があります。

step
3
完成した会計データをお客様にご提供

会計データを試算表や決算書などの会計書類としてお客様にご提供します。

※ お借りした証憑書類の原本はお客様にお返しします。

経理丸投げのメリット

個人事業主様、会社の経営者様であれば、このようなお悩みを経験されたことがあるのではないでしょうか?

  • 社員に給与や売上等の経理情報が漏れるのは困る
  • 経理担当者から突然「退職願」にを出されるかも
  • 良い経理担当者が採用できない
  • 経理部門のコストがかさむ
  • 社長自身が経理業務に時間をとられて、本業・新規事業・余暇に当てられない
  • 経理担当の残業・休日出勤・人手不足が常態化している
  • なかなか出てこない月次試算表にイライラする
  • 経理のミスが多い
  • 手作業の経理業務で手間がかかり過ぎる
  • 領収証を後から探す手間がかかり過ぎる

こういった悩みは生産性の低下を招き、本業の邪魔をします。経理丸投げサービスで、こういったお悩みを解決できるかもしれません。

是非当事務所の経理丸投げサービスを一度ご検討ください。

料金(税込)

料金
月額 月の仕訳数が100を超えた場合
5,500円 + 55円 / 1仕訳

2021年8月更新: 記帳代行の月額料金を値下げ致しました

 

 

業務開始までの流れ

お客様にご納得頂いた上で契約頂くため、30分から1時間程度のご面談をさせていただいてから契約を締結し、業務を開始する流れとさせて頂いております。

step
1
面談日時を選択

カレンダーをご参照の上、ご希望の初回面談日時をご確認ください。

step
2
面談のご予約

申し込みフォームから面談のお申し込みをお願いします。

step
3
面談の実施

有意義な面談とするため、事前に資料の送付等をお願いする場合がございます。

step
4
業務委託契約書の締結※

条件にご納得頂ければ、業務委託契約書を交わさせて頂きます。

※ 面談の結果、ご対応が難しいと思われる場合には契約書の締結に至らない場合もございます。

step
5
業務開始

契約締結後、業務を開始させて頂きます。

面談ご予約用カレンダー

  • 「予定あり」をクリックすると予定の時間帯を確認できます。
  • 左上の◁▷のボタンで期間を選択できます。右上の週・月で表示を切り替えられます。
  • 予定の無い時間帯をご選択頂いた場合であっても、日時の変更をお願いする場合がございます。その際はメールにて調整のご連絡を差し上げます。
  • 9:00〜19:00の間でご予約下さい。土日祝日も予約可能です。

申し込みフォーム

当サイトは、 お客様の個人情報について、お客様の承諾がない限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供いただいた個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置き、適切な管理を行っています。

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須 面談ご希望日時(第一希望)

    必須 面談ご希望日時(第二希望)

    必須 ご相談事項をご記入下さい

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません)


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。